はじめての方へ | 新規会員登録 | 会員特典 | お問合わせ
  • 仮性近視の視力回復について
  • 今回自分でできる仮性近視の視力回復の訓練方法をご紹介していきます。
  • [記事全文]
  • 生姜低と体温
  • 低体温の改善には、生姜の役割が重大であります。
  • [記事全文]
  • 低体温の改善
  • 薬は低体温を改善するにはとても大切ですが 体にはストレスになります。 できるなら薬をつかいたくないですよね。
  • [記事全文]
  • 関節リウマチと頸椎の関節
  • 頸椎の関節が関節リウマチになると、神経が圧迫され、しびれなどの神経障害を引き起こしたり、生命の危険を伴うこともあり、注意が必要です。
  • [記事全文]
  • 関節リウマチとひじの関節
  • 滑膜炎によってひじの関節リウマチは関節の骨と骨がずれやすくなって、周りの筋肉に引っ張られて関節が一定方向に曲がっていきます。
  • [記事全文]
  • 関節リウマチと肩の関節
  • 関節リウマチに肩がおかされると、炎症が関節の周囲にも広がり、上腕の筋肉にも影響を及ぼします。
  • [記事全文]
  • 関節リウマチと股関節の病変
  • 初期の関節リウマチでは、股関節の障害は比較的少なく、病気が始まってから3〜10年程のあいだに、15〜40%の患者に病変が及ぶとされています。
  • [記事全文]
  • ひざ関節がリウマチになる
  • 小さな関節から始まることの多い関節リウマチの症状も、ときにはいきなり大きな関節にあらわれることもあり、日本人は比較的ひざがおかされやすい場所となっています。
  • [記事全文]
  • 関節リウマチの症状と足の指の関節
  • 足のつけ根の関節(MTP関節)と足裏の関節の変形が関節リウマチ初期の頃には起こります。
  • [記事全文]
  • 関節リウマチ患者全員に出る症状
  • 滑膜の炎症である関節リウマチは、関節のあるところであれば、どこにでも起こる可能性のある病気です。
  • [記事全文]
  • 関節リウマチの初期症状
  • 関節リウマチになったとしても、最初から激しい痛みがある訳ではなく、体をじっとしているときに痛みはありません。押したり圧迫したときに痛みを感じる(圧痛)も特徴的な症状のひとつです。
  • [記事全文]
  • 関節リウマチの初期シグナル
  • 関節リウマチの初期症状は、専門の医師でも診断が難しいとされています。ただ、自分でできる簡単なチェック方法もあり、もしかしたら関節リウマチかも?と思った場合は、早めに専門医のもとを訪れるようにしましょう。
  • [記事全文]
  • 滑膜炎の進行によってステージW
  • 滑膜の炎症がじわじわと進行していく、関節リウマチは発病後1〜2年の間に関節の変形が起こるとされています。さらに進行すると、関節がまったく動かせなくなるため、発病後2年以内の早期に治療を始める必要があります。
  • [記事全文]
  • 滑膜炎の進行によってステージV
  • 滑膜の炎症がじわじわと進行していく、関節リウマチは発病後1〜2年の間に関節の変形が起こるとされています。さらに進行すると、関節がまったく動かせなくなるため、発病後2年以内の早期に治療を始める必要があります。
  • [記事全文]
  • 滑膜炎の進行によってステージU
  • 滑膜の炎症がじわじわと進行していく、関節リウマチは発病後1〜2年の間に関節の変形が起こるとされています。さらに進行すると、関節がまったく動かせなくなるため、発病後2年以内の早期に治療を始める必要があります。
  • [記事全文]
  • 滑膜炎の進行によってステージT
  • 滑膜の炎症がじわじわと進行していく、関節リウマチは発病後1〜2年の間に関節の変形が起こるとされています。さらに進行すると、関節がまったく動かせなくなるため、発病後2年以内の早期に治療を始める必要があります。
  • [記事全文]
  • 関節リウマチと滑膜の炎症(滑膜炎)
  • 関節リウマチのつらい痛みのもとになる、滑膜の炎症(滑膜炎)とはどのような状態を言うのでしょうか?
  • [記事全文]
  • なぜ関節リウマチが女性に多い理由
  • 関節リウマチの患者も女性に多いという特徴があります。これはなぜ?
  • [記事全文]
  • 伊研究からバイアグラの代替物漢方薬発見
  • イタリアの研究者らは、中国漢方で使われる「ホーニー・ゴート・ウィード」という薬草がバイアグラの代替物になる可能性があるとの見解を明らかにした。この薬草は古くから天然の催淫薬として知られている。ミラノ大の研究者マリオ・デラグリ氏は、さらなる試験が必要だが、男性の性的不能の新たな治療薬につながる可能性を秘めていると述べた。
  • [記事全文]
  • 復方青黛丸

    【商品名】復方青黛丸

     復方青黛丸は陕西医薬控股集団天寧製薬有限責任公司の銀屑病(乾癬)の研究専門家が数年もの臨床結果を経て生まれました。中国伝統の漢方医薬の理論に基づき、14種の漢方素材を科学的に組み合わせ、根本的な部分から副次的な部分まで病状を全快できるよう精密に研究・製剤されています。その中でも五味子、丹参などいくつかの素材は特殊な治療効果を発揮し、徹底的に銀屑病を治癒します。数万ケースの治療結果が治療効果を保証し、沢山の患者から良い評判を得ています。

    【性状】
    本品は青いフィルムでコーティングされた灰褐色の水丸です。微かに香りがありほろ苦く酸味があります。

    【功能】
    清熱解毒(※1)、消斑化瘀(※2)、 祛風止痒(※3)の作用があります。主に銀屑病の進行期間中や、ばら色粃糠疹、薬疹に対して用いられます。
    ※1 漢方用語。熱毒の邪、発赤・腫脹・化膿・高熱を治すこと
    ※2 漢方用語。シミを消し血行を改善すること
    ※3 漢方用語。風邪(ふうじゃ)を除き、痒みを止めること

    【主要成分】
    青黛(せいたい)、紫草(むらさき)、白鮮皮(はくせんぴ)、土茯苓 (どぶくりょう) 、たんぽぽ、馬歯莧(ばしけん)、白芷(びゃくし)、丹参(たんじん)、貫衆(かんじゅう) 、萆薢(ひかい)の14種

  • 風湿寒痛片

    風湿寒痛片のご使用前にお読みください 

    【性状】
    糖衣錠です。中は褐色の粉末が入っています。微かに苦い味がします。

    【適用症状】
    祛風散寒(※1)、除湿活絡(※2)、滋補肝腎(※3)の作用があります。具体的には体内の循環環境を改善したり、関節の腫れや痛み、四肢の痺れ、足腰の痛みや脱力感に対して有効です。

    ※1  中医学で風邪の原因にあたる「邪」を体表から発散させること
    ※2  「経絡」の流れを活発にし、体内の余分な水分を排出させること
    ※3 漢方用語、「肝」と「腎」の冷やす力(陰)を補充し、機能を高めること

    【主要成分】
    青風藤、牛膝(ごしつ)、茯苓 (ぶくりょう)、薏米(よくまい)、枸杞子(くこし)、当帰(とうき)、赤芍(せきしゃく)、木香、延胡索(えんごさく)、羌活(きょうかつ)、ウド、秦艽(じんぎょう)、桂枝(けいし)、桑寄生(そうきせい)、威霊仙(いれいせん)、黄芪(おうし)、附子(ぶし)、鹿茸(ろくじょう)、党参(とうじん)、白朮(びゃくじゅつ)、黄芩(おうごん)等。その他補助添加物(エタノール、スクロース、ステアリン酸マグネシウム、デキストリン、桃胶、滑石粉、虫白腊、食用着色剤等)

  • 胃複春片

    胃複春片のご使用前にお読みください

    ☆胃癌の補助治療から胃炎解消まで幅広く用いられています☆

    【薬理作用】
     本製品はラット実験により、発癌性物質「M−メチル‐N‐ニトロ‐NG‐ニトロソグアニジン(MNNG)」の減少及び、胃粘膜の損傷や癌発症後の病態悪化率を減少させる事が分かっています。長期間服用することでMNNGによる胃癌発症やヘリコバクターピロリ菌を抑制します。

    【性状】
    薄いフィルムでコーティングされた錠剤です。中には褐色の素材が含まれており、渋くて苦い味がします。

    【適用症状】
    健脾益気(※1)、活血解毒(※2)の作用があります。主に初期胃癌の病状治療や、胃癌手術後の補助治療、胃や脾臓が弱い方によく見られる慢性的な胃炎治療に用いられます。
    ※1 漢方用語。体の「気」を補充し脾胃の機能を正常にすること
    ※2 漢方用語。血の流れを良くし体内の毒を除去すること

    【成分】紅参、香茶菜、枳殻(きこく)

  • 安絡化繊丸

    【商品名称】安絡化繊丸

    【性状】
    黒褐色の濃縮丸です。微かに香り苦い味がします。

    【適応対象】 
    健脾養肝(※1) 涼血活血(※2) 軟堅散結(※3)の作用があります。具体的には慢性B型肝炎、初期・中期B型肝硬変に対して有効です。肝脾両虛(※4)によって引き起こされる肝炎やお腹の膨張感、神経疲労、口の渇き、食欲減少、便通の不快感などに用いられます。
    ※1 漢方用語。肝臓・脾胃の機能を高めることです。
    ※2 漢方用語。血流を良くし、熱で出血しやすい状態を改善することです。
    ※3 腫瘍の塊を軟化させて消散させること
    ※4 漢方用語。肝臓・脾臓の昨日が低下している状態

    【成分】
    地黄(じおう)、田七(でんしち)、水蛭(すいてつ)、地竜(じりゅう)、牛黄(ごおう)、白朮(びゃくじゅつ)

  • 渇楽寧カプセル

     渇楽寧カプセルのご使用前にお読みください 

     本製品はカプセル錠剤です。内部には褐色の粉末が入っており、微かに香り、甘苦い味がします。益気養陰生津(※1)の効能があります。主に気陰両虚(※2)による脱水症状(インスリン非依存性糖尿病)に用いられます。具体的な症状として、頻繁な喉の渇き、胸や四肢の火照り、脱力感、多汗症、動悸、不安などが挙げられます。
    本製品は経口タイプで、一度に4粒、一日3回服用して下さい。治療期間として3ヶ月程度が目処です。

    ※1 漢方用語です。「気」を補充し(益気)、体内を冷やし潤す力を補充し(養陰)、喉の渇きを取る(生津)事を指します。
    ※2 漢方用語です。「気」と「陰」の両方が不足している状態。色々な症状を引き起こす

    【適応症状】
    主に気陰両虚(※2)による脱水症状(インスリン非依存性糖尿病)に用いられます。具体的な症状として、頻繁な喉の渇き、胸や四肢の火照り、脱力感、多汗症、動悸、不安などが挙げられます。

  • 潤燥止痒カプセル

    【商品名】潤燥止痒カプセル

    【薬品分類】
    本品はカプセル錠剤です。中に黄褐色の粉末が入っています。微かに香りがしほろ苦い味がします。

    【功能】
    養血滋陰(※1)、祛風止痒(※2) 、腸を潤し便通を改善する作用があります。主に皮膚の痒みやニキビや便秘に対して用いられます。
    ※1 漢方用語。体内を潤し、血や冷やすカ(陰)を補充すること 
    ※2 漢方用語。風邪(ふうじゃ)を除き、痒みを止めること

    【主要成分】
    生地黄(なまじおう)、 何首烏(かしゅう)、桑の葉、苦参(くじん)、紅活麻(こうかつま)

+ ご利用規約 + 会社概要 + 相互リンク + お支払い方法 + 代理募集 + よくある質問 + 漢方薬関連情報 +
漢方モール   Copyright ©2013-2020  www.kanpoumall.top