はじめての方へ | 新規会員登録 | 会員特典 | お問合わせ
  • 夜尿症のデスモプレシン治療法
  • 今回は夜尿症のデスモプレシン(DDAVP)治療法を紹介します。
  • [記事全文]
  • 二次高血圧の種類
  • 二次高血圧の種類は、内分泌性高血圧と腎性高血圧の2つに大きく分ける事ができます。
  • [記事全文]
  • 足のツボ
  • 足にはいくつかのツボが存在しています。血液の巡りが悪い箇所でもあるので重点的に刺激してあげましょう。
  • [記事全文]
  • 手の冷え
  • 手は、心臓から距離がある部位の1つですから、血液の循環経路としても一番後回しにされてしまいます。また他の部位とは違い、脂肪が少ないため、保温効果が少ないとされています。
  • [記事全文]
  • 冷房病対策
  • 夏バテを予防するには、冷房病にならないこと、冷房のかけ過ぎに注意です。
  • [記事全文]
  • 夏バテ防止にさば・うなぎ
  • さばは、体内で血液が行きわたることによって、冷房病の症状が改善されると言われています。うなぎは、記憶力を向上させたり、視力を回復する働きのある脂肪酸が含まれています。
  • [記事全文]
  • 夏バテ防止に生姜・豚肉
  • 生姜は夏バテ対策にはピッタリな食材と言えるでしょう。豚肉にはたくさんの栄養分が含まれています。
  • [記事全文]
  • 夏バテ対策
  • 夏バテ対策にはいくつかの注意ポイントを紹介します。
  • [記事全文]
  • 夏バテを防止する食事法
  • 夏バテの原因は、主にビタミンやミネラル・たんぱく質などの不足と、冷房による自律神経の乱れによって起こります。今回は、夏バテを防止する食事法を紹介します。
  • [記事全文]
  • 夏バテの原因とは
  • 夏バテはいくつかの要因がからみ合って発症するものですが、大きく分けて以下の3つに大別されます。1)体内の水分とミネラルの不足2)自律神経の失調3)胃腸の働きの悪化
  • [記事全文]
  • 夏バテ(夏ばて)って何で起きるのでしょうか
  • 日本の夏は、温度、湿度とも高いのが特徴です。人間の体は、日本の夏のように高温・多湿な状態におかれると、体温を一定に保とうとして、必要以上のエネルギーを消費し、かなりの負担を強いられます。......
  • [記事全文]
  • 夏バテはなに
  • 夏バテに定義はないため、夏の暑さにまいった感じを夏バテと呼ぶことが多いようです。
  • [記事全文]
  • いぼ痔(痔核)の予防
  • いぼ痔(痔核)とはいわゆる脱肛のことです。男性、女性とも最も患者さんが多いです。昔は男性3に対し女性1の割合でしたが、最近ではほとんど男女差はありません。
  • [記事全文]
  • いぼ痔(痔核)の治療
  • いぼ痔(痔核)というのは、いぼ痔(内痔核)といぼ痔(外痔核)の二つに分類することができ、この二つの違いは、肛門の内側と外側にできるもので分類しています。
  • [記事全文]
  • いぼ痔(痔核)の原因
  • 直腸と肛門を隔てる歯状線(しじょうせん)を境にして、直腸側にできたものが「内痔核」、肛門側にできたものが「外痔核」です。普通、いぼ痔といった場合には直腸側にできた内痔核を指します。いぼ痔になる原因として共通しているのは直腸や肛門付近の静脈がうっ血したために静脈瘤と呼ばれるイボ状の物ができることだと言われています。
  • [記事全文]
  • いぼ痔(痔核)について
  • 日本人に一番多いとされるのがいぼ痔(痔核)です。トイレで排便したあと、トイレットペーパーを通して何かプリンとふくらんだものに触れたとしたら…それは、おそらく痔核でしょう。
  • [記事全文]
  • 痔の診断検査
  • 痔の診断には以下が含まれます。■直腸鏡検査■デジタル直腸診(DRE)■大腸内視鏡検査■S状結腸鏡検査■肛門鏡検査■身体検査
  • [記事全文]
  • 痔の症状と対処法(2)
  • 痔の症状で軽いものは、自然に治る場合もありますが、痔を放置しておくと、治りかけてて再度傷つくという悪循環が繰り返される可能性があります。
  • [記事全文]
  • 痔の症状と対処法(1)
  • 痔の症状で軽いものは、自然に治る場合もありますが、痔を放置しておくと、治りかけてて再度傷つくという悪循環が繰り返される可能性があります。
  • [記事全文]
  • 痔とは
  • 痔とは「肛門の病気の総称」です。肛門部と肛門部周辺の悪い状態を痔といいます。
  • [記事全文]
  • 器質的便秘
  • 器質性とは、胃、小腸、大腸、肛門などの、便となって排泄されるまでの経路である消化管に障害ができていることを表します。簡単に言うと、器質的便秘は腸そのものの病変によっておこる便秘です。
  • [記事全文]
  • 機能的便秘
  • 便秘には、便がつくられる過程や排便の仕組みに障害があっておこる機能的便秘があります。機能的便秘は急性便秘と慢性便秘に分けられます。
  • [記事全文]
  • 便秘とは
  • 便秘とは一般的に、『排便が順調に行われない状態』のことをいいます。しかし「どのような症状を便秘と呼ぶのか」という基準は実はしっかり決められているわけではないのです。通常は「その人の排便習慣からみて、異常に排便の遅延した状態」と定義されます。
  • [記事全文]
  • 網膜剥離の治療
  • 網膜剥離の治療は、網膜が剥がれる前の網膜裂孔の時点であれば、殆どの場合、レーザー光線で穴の周りの網膜を焼き固めることで、網膜剥離への進行を予防できます。進行している場合は入院しての手術が必要となります。
  • [記事全文]
  • 網膜剥離の症状
  • 網膜剥離の主な自覚症状には、飛蚊症と視野欠損があります。
  • [記事全文]
  • 網膜剥離の原因
  • 網膜剥離の原因は様々ですが、最も多いのは、網膜に裂け目や孔ができてしまい、目の中にある硝子体というゲル状の物質がそこを通って網膜の下に入り込むことで引き起こされる裂孔原性網膜剥離です。
  • [記事全文]
  • 網膜剥離とは
  • 網膜剥離は網膜がその下の層である網膜色素上皮からはがれる状態だと考えてください。
  • [記事全文]
  • 喘息の発作と予防
  • 喘息の発作が起こると、気道(空気の通り道)の粘膜がさまざまな刺激に過敏に反応して炎症でむくみ、狭くなります。その後、痰(たん)がたくさん分泌されて気道をふさぎ、呼吸が困難になります。
  • [記事全文]
  • 気管支喘息について
  • 気管支喘息は空気の通り道である気管支がアレルギーなどで炎症を起こし過敏になり、何かの刺激で腫れたり痰がでたりして狭くなり呼吸が苦しくなる慢性の病気です。
  • [記事全文]
  • 網膜裂孔による飛蚊症の治療法
  • 網膜裂孔による飛蚊症の場合は、網膜に裂け目ができると、眼内の水分が網膜の下にしみこんで、網膜はく離を起こす可能性が高いので、レーザーによる治療が必要です。
  • [記事全文]
  • 後部硝子体剥離による飛蚊症の治療法
  • 後部硝子体剥離(こうぶしょうしたいはくり)に伴う飛蚊症は、理論的には手術で除去することができますが、手術の合併症で失明リスクを伴う「網膜剥離(もうまくはくり)」になるリスクがあるので、患者さんには手術を受けることは決してお勧めできません。
  • [記事全文]
  • 網膜裂孔による飛蚊症
  • 飛蚊症の原因で最も多いのは「後部硝子体剥離(こうぶしょうしたいはくり)」という病気に伴って発生した硝子体の濁りが自分で見えてしまうものです。原因として2番目に多いのが、「後部硝子体剥離」に伴って「網膜裂孔(もうまくれっこう)」が起こっている場合です。
  • [記事全文]
  • 後部硝子体剥離による飛蚊症
  • 硝子体(しょうしたい)は年々収縮していき、ある年齢になると硝子体膜が網膜(カメラでいうとフィルムにあたる部分)からはがれます。これが「後部硝子体剥離(こうぶしょうしたいはくり)」です。人により若くしてなる人もいれば、歳をとってからなる人もいます。
  • [記事全文]
  • 飛蚊症の原因について
  • 飛蚊症の原因について紹介します
  • [記事全文]
  • 飛蚊症(ひぶんしょう)
  • 飛蚊症(ひぶんしょう)は、目の疾患のひとつ、あるいは症状のひとつ。眼科分野では遭遇する頻度の高い症状であります。
  • [記事全文]
  • 手術による緑内障治療
  • 緑内障手術は、主にトラベクレクトミーとトラベクロトミーの2種類の方法があります。
  • [記事全文]
  • 緑内障の治療
  • 緑内障の治療は、視神経がダメージを受けてこれ以上視野が狭くならないように、眼圧を下げることが基本となります。
  • [記事全文]
  • 緑内障の分類
  • 緑内障は大きく分けると次の4つに分類されます。
  • [記事全文]
  • 緑内障の自己チェック
  • 緑内障は、初期の頃は全く無症状で、中期になって初めて視野が狭くなったことを自覚される患者さんがほとんどです。末期になると中心部しか見えなくなります。
  • [記事全文]
  • 緑内障の原因とは
  • 緑内障の定義とは、「進行性の、視神経の構造的機能的異常をきたす疾患」のことを言います。つまり、緑内障は視神経の形に異常をきたし、視野障害が起こる病気です。
  • [記事全文]
  • 緑内障とは
  • 緑内障とは、目から入ってきた情報を脳に伝達する視神経という器官に障害が起こり、視野(見える範囲)が狭くなる病気のことです。治療が遅れると失明に至ることもあります。
  • [記事全文]
  • 白内障と紫外線の関係
  • 白内障は紫外線とどんな関係があるんでしょう?
  • [記事全文]
  • 白内障の治療について
  • 白内障は、どんなに症状が進行しても手遅れということはありません。ただし、他の病気を併発する可能性もありますので、症状が気になったら眼科を受診しましょう。
  • [記事全文]
  • 白内障の症状
  • 白内障では視界不良の他、眩しさを感じることもあります。ごく初期の頃は全く無症状です。
  • [記事全文]
  • 白内障とは
  • 白内障とは、水晶体が年齢とともに白く濁って視力が低下する病気です。白内障の多くは、シワや白髪と同様、加齢とともに現れる老化現象のひとつで、進行すると視力低下により日常生活に支障をきたすようになります。
  • [記事全文]
  • 乱視の対処法
  • 乱視の治療を受けるよりは、乱視の矯正をした方がお手軽なのは確かです。治療にするか矯正にするか迷っているという方は、とりあえずそれぞれの詳細な情報を集める所からはじめると良いでしょう。
  • [記事全文]
  • 近視から乱視になるのも注意
  • 「近視の4人に一人は、同時に乱視でもある」との報告もあるほど、乱視の人は実はとても多いといわれています。
  • [記事全文]
  • 乱視の原因
  • 乱視は先天性と後天性2つに分けられています。
  • [記事全文]
  • 乱視の目はどのような見え方になるのでしょう?
  • 乱視は漢字で「乱れて見える」と書きますので、その言葉のイメージからぐちゃぐちゃに見えたり、ダブって見えたりと思っている人もいらっしゃるかもしれません。実際乱視の目はどのような見え方になるのでしょう?
  • [記事全文]
  • 血圧引き下げには
  • 同研究者によると、ブラックチョコレートの血圧引き下げ効果はよく知られているが、臨床中に現れた効果は軽視できない。
  • [記事全文]
  • 小学生はメガネが一番いい
  • 近年はコンタクトレンズを使用する人の数がかなり増えてきました。小学生の場合は一番手軽なのが、メガネによる矯正です。
  • [記事全文]
  • 目は非常に大切
  • 目は非常に大切です。目は「脳の出張所」といわれる大切な感覚器。脳に送られる情報の80%以上は目から入るともいわれています。目を疲れさせないように目の健康に注意しましょう。
  • [記事全文]
  • 近視の原因と予防
  • 環境的な要因と遺伝的な要素は近視の原因と考えられています。環境要因による近視の進行は、日常の生活習慣を見直すことで予防することが出来ます。
  • [記事全文]
  • 近視について
  • 近視とは、近いところにはピントがあってよく見えますが、遠くにはピントが合わず、見えにくくなる状態です。
  • [記事全文]
  • 下痢止め
  • 下痢止めの薬や炎症止めの薬を服用する、下痢の痛み止めや下痢による腹痛を和らげる薬を飲む、ひどいときは薬を飲むが、下痢が止まればすぐ薬もやめるなどの行為はよくない。
  • [記事全文]
  • お茶で炊いたお米で脳卒中を予防
  • 脳卒中を予防する。脳卒中の原因の一つは人体内で生成される過酸化脂質により血管の壁が弾力性を失うことだ。
  • [記事全文]
  • 睡眠不足
  • 現代社会では、人々は仕事に忙しく、勉強に疲れ、大きなストレスを抱えており、毎日の生活の中で十分かつ質の高い睡眠を確保しようとしても、実際にはなかなか難しい。
  • [記事全文]
  • 嘔吐
  • 嘔吐も人体の有害物を排出するためで、それにより吸収を少なくすることが人体の一種の防御反応である。
  • [記事全文]
  • ジャガイモの魅力
  • 人々の野菜と果物に対する関心は高いが、イモ類はいつも忘れられがちだ。特にジャガイモは、デンプン含有量が高くて太りやすいと誤解されているため、口にしない人が多い。
  • [記事全文]
  • 羅漢果茶(らかんかちゃ)
  • 羅漢果は、ウリ科の蔓性植物にできる果実。茶にするには、その実を採取し、熟成乾燥させ割って煎じて飲む。
  • [記事全文]
  • お茶で炊いたお米でがん予防の効果
  • カテキンは人体内でのニトロソアミンの合成を阻害する。アミンと亜硝酸塩は食物中に広範に存在する物質で、37度の温度と適度な酸度の下では発がん性を持つニトロソアミンを非常に生成しやすい。
  • [記事全文]
  • ニンジンジュースの基本的な作り方
  • ニンジンジュースは、つくってすぐ飲むのが原則であるが、どうしても時間がなく、朝つくって夜飲む人や、夜つくって朝飲む人はレモンをしぼって入れ、冷蔵庫で保管しておきましょう。
  • [記事全文]
  • 不良生活習慣による夫婦糖尿病
  • 夫婦糖尿病の患者、特に若年夫婦の患者がここ数年増加傾向にあるという。不良生活習慣が「夫婦糖尿病」をもたらした共通の主要因。
  • [記事全文]
  • 適量の糖分は健康にプラス
  • 糖尿病患者でなければ、一日60グラム以内の精製糖を取ることは、寿命に影響がないばかりか、かえって健康にプラスになる。
  • [記事全文]
  • 記憶力維持に効果のある魚
  • 魚を常食するグループは、記憶力、視覚化力、運動技能、注意力、方向感覚、言語の流暢さの各項目で、魚を常食しないグループより優秀だった。
  • [記事全文]
  • 章光101D髪宝育髪液

    章光101D髪宝育髪液の紹介

     章光101D髪宝育髪液は有名な美髪のスキンケアする専門家の趙章光先生から発明を開発して、多種の薬草を採用して科学的な方法を通じて(通って)取り出して精製してなって、この製品は脂を性の髪が抜ける者毛と髪にあふれて再生させることができる、そしてくずを取り除いて、ただ毛と髪の落ちる作用を防止することと脂をかゆくて、取り除くことがある。

    101D発宝の作用の構造

     髪の毛の金目のものの時に、かさかさにばつを分ける、光沢がない;頭が感覚が麻痺して、膨張してかわいがる適切な時期でなくて、髪の毛がすでに現れたのが普通でなくなった。青年壮年の時期にもし髪の生え際は明らかに後ろに移動するならば、髪の毛は次第にまばらで、甚だしきに至っては頭は現れて、これらの現象は脂は性にあふれて髪が抜けて、男性型がで髪が抜けて女性のまばらさ性あるいは髪が抜ける。そのため早目に101シリーズの製品を使って、頭と毛嚢の正常な状態を守ることができて、油脂の分泌を減らして、髪が抜けることを防止して、再生して最近出す。

    成分/朝鮮人参 サンシチニンジン オニノヤガラ 何首烏 クルミの実 紅花など。

  • 龍眼肉(リュウガンニク)/250g入り


     龍眼肉(リュウガンニク)は、中国原産で亜熱帯地域に栽培されている常緑喬木でムクロジ科の龍眼の果実のことをいいます。果肉は生のまま食べられます。果汁が多く特有の香りがあります。ビタミンA、B1、ブドウ糖、ショ糖、酒石酸などを含んでいて、滋養強壮、鎮静、健胃作用があります。漢方薬としても用いられ脾臓への血流改善効果があり、貧血の予防に有効です。また、健忘症にも用いられています。

     龍眼は、ライチに良く似た瑞々しさと甘みを持った風味豊かな果実。龍眼肉は、その果肉を甘く煮てから半乾燥させた、ドライフルーツの一種です。
    龍眼の主成分は果糖。自然な甘さだけでなく、B1、B2、B6、Cなどのビタミン類も豊富に含まれています。

  • 同仁烏鶏白鳳丸-大蜜丸(同仁堂)

    同仁烏鶏白鳳丸-大蜜丸(同仁堂)のご使用前に

    同仁烏鶏白鳳丸-大蜜丸(同仁堂)の特徴

     同仁烏鶏白鳳丸-大蜜丸(同仁堂)は黒褐色の大蜜丸で、味が甘・微苦です。

    同仁烏鶏白鳳丸-大蜜丸(同仁堂)の効能・効果

     養血(血を増やすこと)、益気(気を補充ること)、調経(月経を調節すること)、止帯(おりものを止めること)の作用があります。

    同仁烏鶏白鳳丸-大蜜丸(同仁堂)の適応症

     女性の生理不順、月経不調、生理痛、虚弱、倦怠、足腰がだるくなどに使われることが多く、その効果は絶大です。また、おりもの異常、産後回復、体質改善にも効果があります。

    同仁烏鶏白鳳丸-大蜜丸(同仁堂)の成分

    烏骨鶏(うこっけい)、当帰(とうき)、白芍(びゃくしゃく)、熟地黄(じゅくぢおう)、人参(にんじん)、黄耆(おうぎ)、山薬(さんやく)、丹参(たんじん)、鹿茸(ろくじょう)、川芎(せんきゅう)、桑螵蛸、香附(こうぶ)など19種の生薬。

  • 七宝美髯丸(同仁堂)

    七宝美髯丸(同仁堂)のご使用前に

    七宝美髯丸(同仁堂)の特徴

     七宝美髯丸(同仁堂)は赤褐色の水蜜丸で、味が微苦です。

    七宝美髯丸(同仁堂)の効能・効果

     滋補肝腎(肝と腎の冷やす力(陰)を補充し、機能を高めること)、益精血の作用があります。

    七宝美髯丸(同仁堂)の適応症

     肝腎両虚による若白髪、歯茎が動く、遺精、寝汗、腰が重い、下り物、筋骨痿弱(肢体が萎えて動けなくなる病証)、腰・腿がだるい、帯下清稀などに用いられます。

    七宝美髯丸(同仁堂)の成分

    製何首烏(せいかしゅう)、当帰(とうき)、補骨脂(ほこつし)、枸杞子(くこし)、菟糸子(としし)、茯苓(ぶくりょう)、牛膝(ごしつ)

  • 同仁烏鶏白鳳丸(同仁堂)

    同仁烏鶏白鳳丸(同仁堂)のご使用前に

    同仁烏鶏白鳳丸(同仁堂)の特徴

     同仁烏鶏白鳳丸(同仁堂)は烏骨鶏を主成分として滋養強壮効果がよく知られている薬です。特に女性の生理痛や生理不順に使われることが多く、効果も抜群であります。烏鶏白鳳丸は小腹が冷えて痛む、産後の体力回復、疲れやすい、虚弱体質にもおすすめです。

    同仁烏鶏白鳳丸(同仁堂)の効能・効果

     養血(血を増やすこと)、益気(気を補充すること)、調経(月経を調節すること)、止帯(おりものを止めること)の作用があります。

    同仁烏鶏白鳳丸(同仁堂)の適応症

     女性の生理不順、月経不調、生理痛、虚弱、倦怠、足腰がだるくなどに使われることが多く、その効果は絶大です。また、おりもの異常、産後回復、体質改善にも効果があります。

    同仁烏鶏白鳳丸(同仁堂)の成分

    烏骨鶏(うこっけい)、当帰(とうき)、白芍(びゃくしゃく)、熟地黄(じゅくぢおう)、人参(にんじん)、黄耆(おうぎ)、山薬(さんやく)、丹参(たんじん)、鹿茸(ろくじょう)、川芎(せんきゅう)、桑螵蛸、香附(こうぶ)など19種の生薬

  • 同仁堂軽身消胖丸3本セット

    歴代の中国皇帝に仕える宮廷御用製薬メーカー、340年歴史も誇る中国漢方業界の老舗ブランド北京同仁堂の漢方ダイエット薬!

    同仁堂軽身消胖丸は身体のバランスを整え、新陳代謝を活発にし余分な脂肪を排出します。痩せ易い体を作ることにより、無理なく、健康的に痩せられます。速攻痩せ目的の商品ではありませんが、健康的なダイエットライフにしたい方におすすめです。

    同仁堂軽身消胖丸製品種類】
    肥満症治療用漢方薬

    同仁堂軽身消胖丸適応症状】
    益気(※1) 、利湿(※2)、脂肪・肥満減少など単純性肥満症の方
    ※1 中国医学における「気」を補充すること
    ※2 体内の余分な水分を排出させること

    同仁堂軽身消胖丸成分】 
    羅布麻(らふま)の葉、サジオモダカ、白朮(びゃくじゅつ)、薏苡仁(よくいにん)、芒硝(ぼうしょう)、防已(ぼうい)、海藻、当帰(とうき)、川芎(せんきゅう)、蓮の葉、大黄(だいおう)、麻黄(まおう)、ローズ、茯苓(ぶくりょう)、滑石(かっせき)、サンザシ、黃芪(おうし)、蓮の茎、木香など

+ ご利用規約 + 会社概要 + 相互リンク + お支払い方法 + 代理募集 + よくある質問 + 漢方薬関連情報 +
漢方モール   Copyright ©2013-2020  www.kanpoumall.top